結婚式 マナー 結婚式のマナーについて

高いつもりで低いのが教養、低いつもりで高いのがプライド。
そして、知っているつもりで以外と知らないのが結婚式のマナー・・。
結婚式のマナーと一口にいっても、場面毎に要求される作法も異なります。
例えば、結婚式のマナーでも、服装のマナーや、招待状に関するマナー、
結婚式のスピーチや余興に関するマナーなど、それこそ様々なマナーがあるわけです。
このサイトでは、そんな結婚式のマナーに関する知識を集めてみました。

結婚式 マナー、知らないと恥をかくことも・・・。このサイトでは知ってるつもりで以外と知らない、結婚式のマナーについて紹介しています。

結婚式 マナー 結婚式のマナー、知っていますか?

結婚式のテーブルマナー

結婚式 マナー
ナイフとフォークの使い方について

テーブルには、飾り皿の左側にはフォーク、右側にはナイフ&スプーンが並べられています。これらは、単純に外側から順に使っていきます。

まず右端のスプーンでスープを。

続くフォーク&ナイフでオードブル、次のフォークとナイフ&スプーンで魚料理、最後のひと組で肉料理をいただきます。

間違えてもサービス係が持ってきてくれますので安心してください。

ナイフやフォークを落とした場合はどうするの?

床にナイフを落としてしまった、ということがあるかもしれません。

この場合は、わざわざ拾わなくてもサービス係が拾って新しいものを持ってきてくれます。

きちんとお礼をいいましょう。

万が一、サービス係が気づかなければ、手を挙げて呼ぶか、声をかけましょう。

食事中に席を立つ場合のマナーは?

食事の途中で万が一、席を立つことがあるかもしれません。
食べている最中であれば、お皿の上に、フォークは背を上に、ナイフは刃を内側にして、フォークとナイフを「ハ」の字に置いておきます。これは食事中のサインですから、席をたっても食事の途中で料理を下げられることはありません。

ちなみに、食べ終わったらフォークは背を下に、ナイフは刃を内側にして平行に揃えておくと、「食事終了」のサインになり、お皿を下げてくれます。

スープに関するマナー

スープはスプーンを手前から奥へと動かしてすくい、音をたてずに飲むのがマナーです。音を立てたり、熱いから、と息を吹きかけるのもいけません。

最後になるとスープはスプーンですくえなくなってしまいますが、スプーンですくえないくらいの量になったら、そこでやめます。

皿の手前を持ち上げてすくう人もいるけど、本来はマナー違反・・・・。もちろんスプーンでかき集めたり、パンをつけて食べたりするのもよくない、とのことです。

結婚式 マナー 結婚式のマナーについて  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/05/25