結婚式 マナー 結婚式のマナーについて

高いつもりで低いのが教養、低いつもりで高いのがプライド。
そして、知っているつもりで以外と知らないのが結婚式のマナー・・。
結婚式のマナーと一口にいっても、場面毎に要求される作法も異なります。
例えば、結婚式のマナーでも、服装のマナーや、招待状に関するマナー、
結婚式のスピーチや余興に関するマナーなど、それこそ様々なマナーがあるわけです。
このサイトでは、そんな結婚式のマナーに関する知識を集めてみました。

結婚式 マナー、知らないと恥をかくことも・・・。このサイトでは知ってるつもりで以外と知らない、結婚式のマナーについて紹介しています。

結婚式 マナー 結婚式のマナー、知っていますか?

結婚式の招待状に関するマナー

結婚式 マナー
結婚式 招待状のマナー

結婚式の招待状があなたの手元に届いたら、なるべく早く返信するのがマナーです。(細かい書き方などは、後述)

まず、結婚式の招待状を受け取ったら、なるべく早く返事を書くようにしましょう。結婚式の招待状は、出した方は「早く出欠の確認をしたい」と思っています。なるべく多くの人に来て欲しいですし、何よりも出席者の人数、引き出物の数などが確定しないことには、主催者の新郎新婦も困ってしまうというものです。

したがって、結婚式の招待状を受け取ったら、なるべく早く返事を出しましょう。特に、出席する場合であれば、なおさらです。

この場合、返信の期限がずいぶん先だとしても、期日ぎりぎりまでださずにいる、というのは避けるべきです。

もし可能であれば、はがきをもらって3日以内くらいに出してあげると、主催者側も嬉しいものです。また、その場合は通常メッセージなど、新郎新婦のお二人に何か一言かく場所があるかと思いますので、二人の結婚を祝福するようなメッセージを書いてあげましょう。

あと、基本的なことですが、文字は丁寧に!あまりに汚い字で走り書きをしているのは失礼というものです。せっかく結婚式に招待していただいたのですから、やはり丁寧に、気持ちが伝わるようにしたいものです。

出欠がわからない時のマナーは?

結婚式の近くにならなければ出席できるかどうか、よくわからない・・・・こういった人もきっといることでしょう。仕事の都合もあるでしょうし、その他の事情がある、という人もいるはずです。

このように、すぐに出欠が決められない、という場合はまず前もって電話で先方に、「〜〜ごろまでにはわかると思うから」と伝えるべきでしょう。

また、直前になるまでわからない、という場合は、直前のドタキャンになる可能性を考慮し、欠席にしたほうが無難かもしれません。

結婚式 マナー 結婚式のマナーについて  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/05/25