結婚式 マナー 結婚式のマナーについて

高いつもりで低いのが教養、低いつもりで高いのがプライド。
そして、知っているつもりで以外と知らないのが結婚式のマナー・・。
結婚式のマナーと一口にいっても、場面毎に要求される作法も異なります。
例えば、結婚式のマナーでも、服装のマナーや、招待状に関するマナー、
結婚式のスピーチや余興に関するマナーなど、それこそ様々なマナーがあるわけです。
このサイトでは、そんな結婚式のマナーに関する知識を集めてみました。

結婚式 マナー、知らないと恥をかくことも・・・。このサイトでは知ってるつもりで以外と知らない、結婚式のマナーについて紹介しています。

結婚式 マナー 結婚式のマナー、知っていますか?

結婚式 招待状 返信と書き方

結婚式 マナー
結婚式 招待状 返信 マナーと書き方 出席の場合(裏面)

 さて、ここでは招待状の返信について、マナーと書き方を説明していきたいと思います。まず、出席する場合の返信はがき(裏面)の書き方をみましょう。
 右のハガキを見てください。まず、出席する場合は、「御出席」の出席を丸印で囲みます。そうして、欠席のところは二重線で消してしまいます。また、「御出席」の「御」の文字も二重線で消してしまいます。この「御」をなぜ二重線で消すのかといいますと、自分は若干謙虚な姿勢で相手にのぞむ、というのがマナーだからです。したがって、出席、欠席の文字のみならず、「御住所」「御電話」「御芳名」などについても、同様に二重線でけしていきます。ただし、「御芳名」のところだけは、「御芳」までを二重線で消すことに注意してください。
 あとは、二人へのメッセージや、感謝の言葉などを空白のスペースに入れます。
 とりあえず、返信用ハガキの裏面、出席の場合はこれで終わりです。

※ 出席、欠席ともに、招待状の返信ハガキには二重線で消す部分がたくさんありますが、二重線で消さずに「寿」という文字を上から書いて消す人もいます。ここで紹介しているのは二重線で消す、というやリかたですが、別に寿で消してもかまいません。

結婚式 招待状 返信 マナーと書き方 欠席の場合(裏面)

左のハガキを見てください。欠席の場合も、出席の場合とほとんど変わりません。まず、欠席する場合は、「御欠席」の欠席を丸印で囲みます。そうして、出席のところは二重線で消してしまいます。また、「御欠席」の「御」の文字も二重線で消してしまいます。この「御」をなぜ二重線で消すのかといいますと、自分は若干謙虚な姿勢で相手にのぞむ、というのがマナーだからです。したがって、出席、欠席の文字のみならず、「御住所」「御電話」「御芳名」などについても、同様に二重線でけしていきます。ただし、「御芳名」のところだけは、「御芳」までを二重線で消すことに注意してください。
 また、メッセージを入れるべきスペースには、「どうしていけないのか?」という具体的な理由を入れるのがマナーです。失礼にあたりますので、「今回は用事がありまして・・・」や、「多忙で・・・」「都合がつかなくて・・・・」などといったあいまいに濁すのはやめましょう。
 ただし、あなたが「他の誰かの結婚式と重なってしまい、そちらにいく、という返事をだしてしまっている場合」は、「当日は先約がありまして・・」などと、具体的な理由を書くのはやめましょう。当然ですが、「あいつの結婚式にはいって、俺のにはでられないのか!」ということになってしまいますので、このときばかりはあいまいな返事を出しておくべきです。

結婚式 招待状 返信 マナーと書き方 表面 (出席、欠席共通)

では、最後に招待状の返信ハガキ、表面の書き方について説明します。右のハガキを見て下さい。新郎(または新婦)の名前が「行」という字があるかと思いますので、それを縦の二重線で(又は斜めの二重線)消して、その隣に「様」という文字を書きます。これは、自分を謙虚にし、相手を立てるためです。

結婚式 マナー 結婚式のマナーについて  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/05/25