結婚式 マナー 結婚式のマナーについて

高いつもりで低いのが教養、低いつもりで高いのがプライド。
そして、知っているつもりで以外と知らないのが結婚式のマナー・・。
結婚式のマナーと一口にいっても、場面毎に要求される作法も異なります。
例えば、結婚式のマナーでも、服装のマナーや、招待状に関するマナー、
結婚式のスピーチや余興に関するマナーなど、それこそ様々なマナーがあるわけです。
このサイトでは、そんな結婚式のマナーに関する知識を集めてみました。

結婚式 マナー、知らないと恥をかくことも・・・。このサイトでは知ってるつもりで以外と知らない、結婚式のマナーについて紹介しています。

結婚式 マナー 結婚式のマナー、知っていますか?

結婚祝を品物で渡す際のマナー

結婚式 マナー
お祝いの品物

お祝いの品物を相手に贈るのであれば、結婚式の招待状を受け取ってから、なるべく早く相手に届くようにしましょう。本来であれば、結婚式の一週間前の吉日を選んで、自宅に届ける、というのが正式なのですが、最近はそこまでこだわる必要はありません。

ですが、やはり、遅くとも結婚式の一週間前くらいまでには届けたいものです。

結婚祝の品物を購入したら、「結婚祝い」ののし紙をお願いします。紅白結び切りで、名前を書いてもらうようにお願いします。
 また、そのままお店から相手の家に配送してもらう場合などには、できるだけ手紙を入れるようにします。

お祝いの品としてふさわしくないもの

以下は結婚祝いの品物としては不適当です。
・ 刃物。はさみ、包丁など。
・ ガラス製の品物、陶器など、壊れるイメージがつきまとうものは本来嫌われていましたが、最近では気にする人は少ないようです。ケースバイケースで適当な贈り物となるでしょう。
・ 四個セットのカップ、品物など。

受付では

お祝いの品物を前もって渡してある場合、結婚式会場の受付では芳名帳に記帳のみします。受付の係りの人には「先にお祝いはすませています」の一言も忘れずに!

結婚式 マナー 結婚式のマナーについて  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/05/25