結婚式 マナー 結婚式のマナーについて

高いつもりで低いのが教養、低いつもりで高いのがプライド。
そして、知っているつもりで以外と知らないのが結婚式のマナー・・。
結婚式のマナーと一口にいっても、場面毎に要求される作法も異なります。
例えば、結婚式のマナーでも、服装のマナーや、招待状に関するマナー、
結婚式のスピーチや余興に関するマナーなど、それこそ様々なマナーがあるわけです。
このサイトでは、そんな結婚式のマナーに関する知識を集めてみました。

結婚式 マナー、知らないと恥をかくことも・・・。このサイトでは知ってるつもりで以外と知らない、結婚式のマナーについて紹介しています。

結婚式 マナー 結婚式のマナー、知っていますか?

結婚式 余興のマナー

結婚式 マナー
結婚式の余興、恥ずかしくても引き受けよう

結婚式で余興の依頼をされたら、多少恥ずかしくても引き受けてあげましょう。それが、二人を祝福している、ということにもなります。

披露宴の余興ですから、あまりにも羽目をはずしすぎたものはやめておくほうがよいでしょう。下品なもの、派手すぎるもの、内輪ねたなどは避け、誰もが楽しめるものを選びましょう。

余興の時間はどれくらいが適当なのか?

長いものは避けておく方が無難です。スピーチ同様、長くても五分くらいまでにとどめておきましょう。また、あまりにも大掛かりで用意、準備に時間がかかるものも避けておく方がよいでしょう。

結婚式の余興をたくさんでやる、というのも一つ。

一人で余興をするのは誰でもしり込みしてしまいます。

であれば、仲の良い友達同士、複数で演出する余興を考えるというのはいかがでしょうか。

もちろん、新郎新婦、進行、司会の人などにも連絡をとり、事前に打ち合わせておくとよいでしょう。

結婚式 マナー 結婚式のマナーについて  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/08/17