結婚式 マナー 結婚式のマナーについて

高いつもりで低いのが教養、低いつもりで高いのがプライド。
そして、知っているつもりで以外と知らないのが結婚式のマナー・・。
結婚式のマナーと一口にいっても、場面毎に要求される作法も異なります。
例えば、結婚式のマナーでも、服装のマナーや、招待状に関するマナー、
結婚式のスピーチや余興に関するマナーなど、それこそ様々なマナーがあるわけです。
このサイトでは、そんな結婚式のマナーに関する知識を集めてみました。

結婚式 マナー、知らないと恥をかくことも・・・。このサイトでは知ってるつもりで以外と知らない、結婚式のマナーについて紹介しています。

結婚式 マナー 結婚式のマナー、知っていますか?

祝儀袋の書きかたとマナー

結婚式 マナー
ご祝儀袋 書き方

通常2〜3万円くらいまでの一般的な結婚祝いをいれる結びきりの水引です。金額が2〜3万円であまり高くないのであれば、飾りの少ない、シンプルなデザインのものを選びます。そう、金額によっても、祝儀袋の豪華さは違ってくるので、注意が必要です。表書きには「寿」もしくは、「御結婚御祝」にします。「御結婚祝」としないのには理由があります。それは、、文字数を四文字にしたくないからです。下には名前を書きましょう。
通常、どれくらいのお金を包むのかによって、使用するべきのし袋も変わってきます。

結婚祝、お金について

上で挙げたのはシンプルな水引で、2〜3万円くらいという、一般的な価格のお祝い金を包む際に使用したものです。これが、5万円〜10万円という金額になったら、さらに豪華な水引細工にしましょう。松竹梅、鶴、亀など、豪華にあしらったものを使用するとよいでしょう。ちなみに、右にあげているのは小さくてわかりにくいですが、つるをあしらったものを使用しています。(右参照)

 最近では、安価にのし袋が販売されています。色つきなど、カラフルな祝儀袋もイパンに販売されており、それらを利用してもよいでしょう。しかし、カジュアルな結婚式で使用するにとどめ、厳粛さが必要となる場では、紅白、白などのものを使用するほうが無難です。

結婚式 マナー 結婚式のマナーについて  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/08/17