結婚式 マナー 結婚式のマナーについて

高いつもりで低いのが教養、低いつもりで高いのがプライド。
そして、知っているつもりで以外と知らないのが結婚式のマナー・・。
結婚式のマナーと一口にいっても、場面毎に要求される作法も異なります。
例えば、結婚式のマナーでも、服装のマナーや、招待状に関するマナー、
結婚式のスピーチや余興に関するマナーなど、それこそ様々なマナーがあるわけです。
このサイトでは、そんな結婚式のマナーに関する知識を集めてみました。

結婚式 マナー、知らないと恥をかくことも・・・。このサイトでは知ってるつもりで以外と知らない、結婚式のマナーについて紹介しています。

結婚式 マナー 結婚式のマナー、知っていますか?

結婚式 服装 女性のマナー

結婚式 マナー
女性の結婚式 服装 マナー

新郎新婦の友人、知人、上司、親族などといった場合、結婚式の服装は一体どのようなものにするべきなのでしょうか?

女性の参列者 結婚式 和装 マナー

準礼装なら、紋付色無地、訪問着を身につけましょう。略礼装は色無地、つけさげ、ということになります。振袖を身につける、という選択肢もありますが、振袖は正式礼装です。新婦と同格になりますし、仮に新婦がお色直しのときに振袖に変わる場合おあります。この時、新婦の振袖よりもゴージャスなものだったりしたら、やっぱり失礼です。主役を引き立てることが大切ですので、振袖は避けておく方が無難かもしれませんね。

女性の参列者 結婚式 洋装 マナー

女性の略礼装はフォーマルスーツ、ワンピース、ツーピース、ということになります。夜はカクテルドレスなどもよいでしょう。アクセサリーは、主役よりも目立たないものにしましょう。また、靴はプレーンなパンプスなどがポピュラーです。また、ヒールと先のあるものがよいでしょう。色については、白は新婦の色ですので、白だけはNGです。オフホワイトといった色も避けておく方が無難です。また、あまり露出の高いドレスを身につける場合は、ボレロ、ストールなどで肌を隠す方が無難です。

礼装について

どういった服装が正礼装で、準礼装で、略礼装なのか、ということをあなたは知っているでしょうか?と、いうのは、結婚式や披露宴、招待された立場、時間帯などにより、いろいろ礼装を使い分けする必要があるからです。ここで、礼装に関する基本的なことを紹介してゆきたいと思います。ここでは女性の礼装に関して紹介します。

女性 正礼装 和装のマナー
既婚女性 未婚女性

・黒留袖
五つ紋が染め抜かれたもの。

・色留袖
地色が黒以外の留袖。五つ紋を染めぬいた黒留袖と同格。ただし、落ち着いた黒の方が無難で安全ではある。

・振り袖
大振り袖、中振り袖とある。格式があれば中振袖でも第一礼装とし通用するとされ、一般的な大振袖より格が落ちるわけではない。

女性 準礼装 和装のマナー
既婚、未婚の区別はなし

・訪問着
紋をつけることによって凖礼装に。和装として一般的。

・色留袖

女性 略礼装 和装のマナー
既婚、未婚の区別はなし

・つけ下げ
絵羽模様がなく、また家紋が入っていない着物。

・小紋
模様が入っている着物は総称して「小紋」という

・色無地
柄のない黒以外の無地の着物のこと。

女性 正礼装 洋装のマナー
昼〜午後六時 午後六時以降

・アフタヌーンドレス
絹、レースなどの無地の素材を使用。肌の露出は控えめなドレスとなっている。(昼のドレスなので)長袖のドレスで、光沢のあるアクセサリーは不向きなので、光らないアクセサリーを。帽子をする場合はドレスにあったものを。

・イブニングドレス
ノーカラー、ノースリーブで胸元の開いているロングドレス。アクセサリーは宝石など、光る素材でゴージャスなものをつける。(派手すぎず、新婦より目立たないものを着用すること)

女性 準礼装 洋装のマナー
昼〜午後六時 午後六時以降

・セミアフタヌーンドレス
ワンピースのほか、アンサンブル、スーツ、ツーピースでも可。アクセサリーにはあまり光らない素材を選ぶ。

・セミイブニングドレス
レース、ベルベットなど、素材も豊富。ゴージャスなアクセサリーで。

女性 略礼装 洋装のマナー
特に時間の制約はなし

・ワンピースやスーツなど。
自由な着こなしが可能。コサージュやバッグ、アクセサリーや小物で、フォーマルな感じをだす。

結婚式 マナー 結婚式のマナーについて  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/08/17